コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産前産後休業保険料免除制度 サンゼンサンゴキュウギョウホケンリョウメンジョセイド

1件 の用語解説(産前産後休業保険料免除制度の意味・用語解説を検索)

人事労務用語辞典の解説

産前産後休業保険料免除制度

「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払ったものとして扱われるので、被保険者は健康保険証を使用して医療を受けることができ、将来の年金給付も減額されることはありません。制度の運用は2014年4月からスタートしています。
(2014/4/25掲載)

出典|『日本の人事部』
Copyright © 2004- 2009 iQ. Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産前産後休業保険料免除制度の関連キーワード休職・休業保険料免除産前店舗休業保険初年度保険料積立店舗休業保険営業保険料総保険料産前産後休暇損害保険料控除制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone