コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産子検定 サンシケンテイ

デジタル大辞泉の解説

さんし‐けんてい【産子検定】

子畜の産肉性・泌乳量等の能力や遺伝的不良形質の出現などを調べ、親畜の良否を判定すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんしけんてい【産子検定】

(1)ブタの繁殖能力を評価するために実施される検定。登録されている雌ブタについて,飼育農家に検定委員が訪れて審査する。中ヨークシャー種,ランドレース種,大ヨークシャー種(ラージホワイト種)では生後2週の育成頭数が7頭以上,その他の品種では6頭以上で,子ブタ総重量,発育の斉度などが基準以上のものを合格とする。(2)肉牛で実施されている後代検定種雄牛の発育や体型の遺伝的な優劣をその産子の成績から推定しようとする検定法である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんしけんてい【産子検定】

豚の繁殖能力を評価する検定。子孫の出産頭数、総重量、発育の斉一度などを審査する。
肉牛の遺伝的特性を調べる検定。雄種牛の発育や体型の遺伝的な優劣を、その子牛の成績から推定する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

産子検定の関連キーワード家畜子牛養豚子孫

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android