コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産子 ウブコ

デジタル大辞泉の解説

うぶ‐こ【産子】

同じ産土神(うぶすながみ)をまつる人。

うぶ‐ご【産子】

生まれたばかりの子。あかご。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うぶこ【産子】

同じ産土神うぶすながみをまつっている人。氏子。

うぶご【産子】

生まれたばかりの赤ん坊。あかご。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の産子の言及

【氏子】より

…中世末期から近世初期にかけて氏子の意味はさらに転化し,特権的な祭祀団を意味した〈氏人衆〉〈氏人等〉の語が消えて,郷村社会にふさわしい地域的祭祀団を示す〈氏子衆〉〈氏子中〉が登場した。江戸時代には氏神を産土(うぶすな)神とする考え方が一般化し,氏子が産子(うぶこ)と呼ばれる傾向も出るが,民衆の離村移住を統制するため幕府はこの産子の原理を援用して出生地の神社に氏子身分を固定しようとした(《徳川禁令考》)。 明治維新後,政府は祭政一致の方針のもとに氏子制度を法制化し,これによって寺請(てらうけ)制度に代わるキリシタン禁制と戸籍の整備をはかるとともに国民教化の単位とした。…

【産土神】より

…すなわち産土神は,ウブスナなる所生の土地にまつられた神として祖先または自分を含めた郷党社会を守護する神社ないし神格をいうのである。なお平安末期より〈産神〉の語が《今昔物語集》などに見え,室町時代には〈産神〉〈氏神〉ともにウブスナと読むことがあり,近世には産神を奉じる者を〈産子(うぶこ)〉と呼ぶにいたる。産土神(産神)と産子の関係は語義の上からもおのずと子供の出生に関連し,近世には初宮参りや一般の氏神参りを〈産土参(うぶすなまいり)〉と称したことも多い。…

※「産子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産子の関連キーワードグッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー[会社]エス・ディー・エス バイオテックトライネット・ロジスティクストレックス・セミコンダクター三井不動産ファシリティーズ三井不動産ビルマネジメント北海道コンサドーレ札幌三井不動産住宅サービス三井不動産住宅リース東急リゾートサービスバークシャー(動物)シバヤギ(柴山羊)東急リロケーションコンサドーレ札幌村田製作所(株)住友不動産販売アブラコウモリエースラゲージテクノクオーツフクシマフーズ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産子の関連情報