コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産土神 ウブスナガミ

デジタル大辞泉の解説

うぶすな‐がみ【産土神】

生まれた土地の守り神。近世以降は氏神鎮守神と混同されるようになった。うぶがみ。うぶのかみ。うぶすなのかみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

産土神【うぶすながみ】

生まれた土地の。中世以後,生児は初宮参りさせ,氏子入りの承認を受けた。また誕生日,七五三などに産土詣(もうで)をし,旅立ちには暇乞い(いとまごい)をする。もとは氏神とは異なる地縁の神であるが,同族結合のうすれるに及んで両者は混用され,ともに村の守護神とされた。
→関連項目国津神祭神神社鎮守神平野郷

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うぶすながみ【産土神】

生まれた土地の守護神。産土の神または単に産土ともいう。産土とは人の出生地の意味で,先祖伝来もしくは自分の生地を出自意識をもって表現する言葉であり,したがってその土地の鎮守社またはその祭神を自分の出自との関係で生まれながらの守護神と信じて,これを産土の神,産土神と称する。とくに近世以来これを氏神と混同するようになったが,それは氏神が当時,族縁神に限らず広く地縁神として土地の鎮守をもいうようになったことによる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うぶすながみ【産土神】

生まれた土地を守護する神。近世以降、氏神・鎮守の神と同一視されるようになった。うぶすな。うぶがみ。うぶすなのかみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産土神
うぶすながみ

氏神」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の産土神の言及

【鎮守】より

…また《江戸砂子》には,富岡八幡宮に〈当社四隅鎮守〉として丑寅(東北)の鬼門に蛭子神など境内の四方に鎮守神をまつったことを記している。なお平安時代から地方の荘園に領主の鎮守神を盛んに分祀したこともあってしだいに村落部にも鎮守信仰が普及し,近世には氏神産土(うぶすな)神をも鎮守と称するようになった。今日では〈村の鎮守〉とか〈鎮守の森〉が地域の氏神の社を意味するようになったが,やはり鎮守(神)という言葉には土地や建物を守護する地縁的な神格の意味が強く,その点で氏神や産土神の血縁的な神格の表現と微妙な違いが残っている。…

※「産土神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

産土神の関連キーワード大多羅寄宮跡神争い伝説神道用語集出雲大社教氏子組織苗村神社犬張り子鎮守の神日枝神社神田神社産土参りお宮参り民間信仰御岳教家の神山王祭大王崎産の神髪置き産子

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

産土神の関連情報