産業組織(読み)さんぎょうそしき(英語表記)industrial organization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「産業組織」の意味・わかりやすい解説

産業組織
さんぎょうそしき
industrial organization

産業構造が各産業間の構造・関係を表す概念であるのに対して,産業組織は,産業内部における企業間の競争独占の関係を表す。産業組織を分析する視点は,(1) 個々の産業がどのような企業と市場から構成されるかを明らかにする市場構造,(2) その企業が市場でどのような行動をとるかを検討する市場行動,(3) およびその両者成果としての効率的運営を問題とする市場成果がポイントとなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内の産業組織の言及

【産業構造】より


[意義と学説]
 産業構造とは,国民経済を構成する各種産業の比重や仕組み,関係をあらわすものである。これに対して,一つの特定産業内における企業の行動や企業間の構造を示すのが産業組織(〈産業組織論〉の項参照)である。したがって産業活動の見方としては,産業内の問題を産業組織という表現を使い,産業間の問題を産業構造という言葉であらわす。…

※「産業組織」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

ゲリラ豪雨

突発的に発生し、局地的に限られた地域に降る激しい豪雨のこと。長くても1時間程度しか続かず、豪雨の降る範囲は広くても10キロメートル四方くらいと狭い局地的大雨。このため、前線や低気圧、台風などに伴う集中...

ゲリラ豪雨の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android