コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産権 さんけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

産権
さんけん

中国における国営企業の法人財産権。 1993年 11月の中国共産党 14期第3回中央委総会において産権の導入が決定した。中国では国有企業の体質改善のために,92年「国有企業経営メカニズム転換条例」が出され,企業の自主権を認めると同時に,自主経営,損益自己負担などの原則が提示された。産権はこれをさらに発展させるもので,企業内において出資者の投資で形成された資産については企業が財産権を有し,その運営や利益配分は出資者が行うものとされた。また出資者は,出資額に応じて利益を受けると同時に,重大な方針決定や役員選任などの権利を有し,企業破産に際しては有限責任を分担する,などとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

産権の関連キーワード模倣品ネット販売への対抗策は知的財産権訴訟費用保険知的財産権/知的所有権スペシャル三〇一条世界知的所有権機関知的財産担保融資TRIPS協定ライセンス契約財産権の不可侵補償(法律)土地私権制限準物権行為無体財産権実用新案権知的財産権知的所有権工業所有権消滅時効公用制限積極財産

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android