コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用堂 ようどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

用堂 ようどう

?-1396 南北朝時代,後醍醐(ごだいご)天皇の皇女。
足利直義(ただよし)に殺された弟護良(もりよし)親王をとむらうため,鎌倉東慶寺にはいり,住持となった。応永3年8月8日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

用堂の関連キーワード南北朝時代景徐周麟足利直義皇女

用堂の関連情報