コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭麟趾 ていりんしChong Inji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭麟趾
ていりんし
Chong Inji

[生]太祖5(1396).慶尚南道河東
[没]成宗9(1478)
朝鮮,李朝初期の学者。字は伯 睢 (き) 。号は学易斎世宗のとき集賢殿にあって訓民正音 (朝鮮文字) 制定に参画し,世祖のとき領議政にのぼった。『高麗史』『治平要覧』『竜飛御天歌』などを撰述した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐りんし【鄭麟趾】

[1396~1478]朝鮮、李朝の政治家・学者。慶尚道河東の人。字(あざな)は伯睢。号、学易斎。(おくりな)は文成公。訓民正音(ハングル)の制定に参画。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ていりんし【鄭麟趾 Chŏng (R)In‐ji】

1396‐1478
朝鮮,李朝の文臣,学者。字は伯雎。号は学易斎。河東の人。文科に及第後,太宗,世宗の知遇を受け要職を歴任,世祖の王位奪取には参謀として活躍し,功臣号を受けた。一時仏書刊行に反対して追放されたが,官は領議政に至った。《治平要覧》《高麗史》《資治通鑑訓義》等多くの書物を編纂刊行し,暦法の改定や,世宗の《訓民正音》制定にも参与した。著書に《学易斎集》がある。諡号(しごう)は文成。【山内 弘一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ていりんし【鄭麟趾】

1396~1478) 朝鮮王朝の文臣・学者。字あざなは伯睢、号は学易斎。「治平要覧」「高麗史」など多くの書物を編纂、訓民正音(=ハングル)の制定に参画・貢献した。チョン=インジ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鄭麟趾の言及

【高麗史】より

…朝鮮,高麗王朝に関する歴史書。鄭麟趾らが1451年撰進。139巻。…

【竜飛御天歌】より

…朝鮮の李朝建国叙事詩。鄭麟趾らの撰。1447年刊,木版本。…

※「鄭麟趾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄭麟趾の関連キーワード高麗史節要朝鮮文学朝鮮王朝インジ成宗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android