コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭麟趾 ていりんしChong Inji

4件 の用語解説(鄭麟趾の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭麟趾
ていりんし
Chong Inji

[生]太祖5(1396).慶尚南道,河東
[没]成宗9(1478)
朝鮮,李朝初期の学者。字は伯 睢 (き) 。号は学易斎。世宗のとき集賢殿にあって訓民正音 (朝鮮文字) 制定に参画し,世祖のとき領議政にのぼった。『高麗史』『治平要覧』『竜飛御天歌』などを撰述した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐りんし【鄭麟趾】

[1396~1478]朝鮮、李朝の政治家・学者。慶尚道河東の人。字(あざな)は伯睢。号、学易斎。諡(おくりな)は文成公。訓民正音(ハングル)の制定に参画。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ていりんし【鄭麟趾 Chŏng (R)In‐ji】

1396‐1478
朝鮮,李朝の文臣,学者。字は伯雎。号は学易斎。河東の人。文科に及第後,太宗,世宗の知遇を受け要職を歴任,世祖の王位奪取には参謀として活躍し,功臣号を受けた。一時仏書刊行に反対して追放されたが,官は領議政に至った。《治平要覧》《高麗史》《資治通鑑訓義》等多くの書物を編纂刊行し,暦法の改定や,世宗の《訓民正音》制定にも参与した。著書に《学易斎集》がある。諡号(しごう)は文成。【山内 弘一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ていりんし【鄭麟趾】

1396~1478) 朝鮮王朝の文臣・学者。字あざなは伯睢、号は学易斎。「治平要覧」「高麗史」など多くの書物を編纂、訓民正音(=ハングル)の制定に参画・貢献した。チョン=インジ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の鄭麟趾の言及

【高麗史】より

…朝鮮,高麗王朝に関する歴史書。鄭麟趾らが1451年撰進。139巻。…

【竜飛御天歌】より

…朝鮮の李朝建国叙事詩。鄭麟趾らの撰。1447年刊,木版本。…

※「鄭麟趾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

鄭麟趾の関連キーワード焼却施設満蒙開拓青少年義勇軍専照寺鄭麟趾渋川満頼小笠原持長鹿島幹重渋川満頼道阿弥仁木満長

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone