神宮頭人(読み)ジングウトウニン

世界大百科事典 第2版の解説

じんぐうとうにん【神宮頭人】

室町幕府神宮方の頭人。神宮方は,伊勢神宮造替にかかわる役夫工米(やくぶくまい)の徴収指揮権ならびに免除権を掌握していた。伊勢神宮役夫工米にかかわる事項は元来朝廷の専断下にあったが,南北朝内乱の展開過程で,国家的諸権限が朝廷から幕府に移譲されていく一般的趨勢にともない,遅くとも1396年(応永3)以前に設置されたと考えられている。神宮頭人の職名は《薩戒記(さつかいき)》嘉吉3年(1443)6月9日条に,摂津掃部(かもん)入道常承(満親)を指して〈神宮方奉行頭人なり〉とあるのが早い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じんぐう‐とうにん【神宮頭人】

〘名〙 室町幕府の職名。伊勢神宮に関する事務を円滑に処理するため、神宮開闔(じんぐうかいこう)(=神宮奉行)の上に設置された職。幕府の引付頭人がこれに任じられた。
※斎藤親基日記‐文正元年(1466)三月一七日「御参宮〈略〉摂津掃部頭之親 神宮頭人」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android