コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専照寺 センショウジ

4件 の用語解説(専照寺の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんしょう‐じ〔センセウ‐〕【専照寺】

福井市にある真宗三門徒派の本山。山号は中野山。正応3年(1290)如道が創建した専修寺(せんじゅじ)に始まり、応永3年(1396)浄一が分立。享保9年(1724)中野村から現在地に移転。のち真言大谷派に属し、さらに別派として独立。中野本山。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんしょうじ【専照寺】

福井県福井市にある真宗三門徒派の本山。山号は中野山。寺伝では,三河の和田門徒円善の門下の如道が,越前足羽郡大町に1290年(正応3)に開創した専修寺(せんじゆじ)に始まる。如道門下は,山元の道性(証誠寺開祖),鯖江の如覚(誠照寺開祖)と鼎立して三門徒と呼ばれ,専修寺は如道の次男如浄,三男了泉と相承された。4世浄一のとき本願寺と対立し,浄一は専修寺を出て1435年(永享7)足羽郡蕗野郷中野に移って専照寺を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんしょうじ【専照寺】

福井市豊町にある真宗三門徒派の本山。山号、中野山。1290年如導が福井市大町に一宇を創建したのに始まる。初め専修寺と称したが、1396年現名に改称。1724年現在地に移転。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

専照寺
せんしょうじ

福井市みのりにある寺。中野山(なかのさん)と号し、真宗三門徒派の本山。派祖如導(にょどう)(または如道)が宗祖親鸞(しんらん)の遺跡を巡拝して北陸に至り、1290年(正応3)足羽(あすわ)郡大町(おおまち)の車屋道場を拡大して専修寺と称したに始まる。如導は上足の道性(どうしょう)、如覚(にょがく)らとともに「自己是(こ)れ仏なり」と主張して「おがまずの衆」とよばれ、秘事法門(ひじぼうもん)を唱えた。これらの法脈はそれぞれ中野門徒、横越(よこごし)門徒(証誠寺(しょうじょうじ))、鯖江(さばえ)門徒(誠照寺(じょうしょうじ))とよばれ、これら三門徒は越前(えちぜん)(福井県)に栄えた。このうち如導の系統を継ぐ第5世浄一(じょういつ)は、足羽郡中野に新たに一寺を建立して専照寺と称し、その後18世澄如(ちょうにょ)が現在地に移して、今日に至る。江戸時代には妙法院門跡(もんぜき)の院家となって天台宗に属し、一時は真宗大谷派にも移ったが、1878年(明治11)に独立して三門徒派を称し、その本山となった。[森 章司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

専照寺の関連キーワード三門徒三門徒派山元派AOSSA西武福井店ニューまるせん福井マラソンリークル鯖江[市]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

専照寺の関連情報