田中法麻呂(読み)たなかの のりまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中法麻呂 たなかの-のりまろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
持統天皇元年(687)遣新羅(しらぎ)使として天武天皇の喪をつげようとしたが,応接した新羅官吏の位階が前例よりひくいのでつげずに3年帰国する。伊予(いよ)総領,伊予国司を歴任し,鉱産物などを朝廷に献上。文武天皇3年越智山陵営造使となる。直大肆(じきだいし)。名は法摩呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android