コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中法麻呂 たなかの のりまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中法麻呂 たなかの-のりまろ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
持統天皇元年(687)遣新羅(しらぎ)使として天武天皇の喪をつげようとしたが,応接した新羅官吏の位階が前例よりひくいのでつげずに3年帰国する。伊予(いよ)総領,伊予国司を歴任し,鉱産物などを朝廷に献上。文武天皇3年越智山陵営造使となる。直大肆(じきだいし)。名は法摩呂ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田中法麻呂の関連キーワードあすか

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android