前例(読み)ぜんれい

精選版 日本国語大辞典「前例」の解説

ぜん‐れい【前例】

※続日本紀‐和銅一六年(723)九月己丑「自今以後一依、僧綱之政亦申官待報」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉中「前例(ゼンレイ)に徴して見ると、とても返事れさうになかったから」 〔南史‐王倹伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「前例」の解説

【前例】ぜんれい

先例。

字通「前」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android