コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中逸平 たなか いっぺい

1件 の用語解説(田中逸平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中逸平 たなか-いっぺい

1882-1934 大正-昭和時代前期のイスラム教徒。
明治15年2月2日生まれ。日露戦争の際陸軍の通訳をつとめる。大正13年イスラム教に帰依(きえ)し,中国人教徒とともにメッカに巡礼。14年大東文化学院教授。昭和9年サウジアラビアのイブン=サウド国王と会見した。昭和9年9月15日死去。53歳。東京出身。台湾協会学校(現拓殖大)卒。号は天鐘道人。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の田中逸平の言及

【中東】より

…明治末に日本人として初めてメッカに入った(1909)山岡光太郎は,後に《世界の神秘境アラビア縦断記》(1912)を著した。また大正期には田中逸平がメッカ巡礼を行い(1924),その記録は後に《イスラム巡礼・白雲遊記》(1925)として刊行されている。明治期における日本人ムスリムの出現とメッカ巡礼は,日本におけるイスラム理解を深めたが,同時代に日本キリスト教徒が日本の思想・教育界に与えた影響に比べて,日本人の間でそれほど大きな影響力をもつにはいたらなかった。…

※「田中逸平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中逸平の関連キーワード大原昇大山覚威鹿熊久安黒田越郎小門専治児島矩一白神邦二根来簡二三国仁兵衛武藤虎太

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone