コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代平 たしろたい

2件 の用語解説(田代平の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕田代平(たしろたい)


青森市南部、八甲田(はっこうだ)山の北東麓(ほくとうろく)にある高原。標高約570m。湿原が点在し、ミズバショウ・ヒメシャクナゲなどの湿原植物や高山植物の群落が繁茂する。十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園観光の中心地の一つ。八甲田温泉・田代平温泉がわく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田代平
たしろたい

青森県中央部、北八甲田(はっこうだ)連峰の北麓(ほくろく)にある高原。標高約560メートルで、付近一帯は広い草原をなし、所々に湿地がある。ヤチヤナギ、ヌマガヤを主体とする中間湿原、ミズゴケ類を伴う高層湿原、ヨシ、スゲを主体とする低層湿原などがあり、また乾燥化が進んだ草原もあって、高原の植物相は変化に富み、青森市の天然記念物に指定されている。開拓者の小集落があり、農耕と放牧が行われている。冬期をのぞいて青森駅からシャトルバスの便がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田代平の言及

【八甲田山】より

…北八甲田火山群をとりまく外輪山は,北側から東側にかけて柴森山,石倉山,黒森と半円形をなして連なるが,他の部分ではその後の火山活動による噴出物によっておおわれているため不明瞭である。この北東側の外輪山と中央火口丘群との間には火口原の田代平(たしろたい)があり,起伏の緩やかな草原地帯となっており湿原もある。一方,南八甲田火山群は櫛ヶ峰(1517m。…

※「田代平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田代平の関連キーワード青森市酸ヶ湯温泉八甲田山八甲田山遭難事件発向八甲田おろし八甲田山雪中行軍木村八甲田沢八甲八甲田[温泉]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田代平の関連情報