コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田代平 たしろたい

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕田代平(たしろたい)


青森市南部、八甲田(はっこうだ)山の北東麓(ほくとうろく)にある高原。標高約570m。湿原が点在し、ミズバショウ・ヒメシャクナゲなどの湿原植物や高山植物の群落が繁茂する。十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園観光の中心地の一つ。八甲田温泉・田代平温泉がわく。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田代平
たしろたい

青森県中央部、北八甲田(はっこうだ)連峰の北麓(ほくろく)にある高原。標高約560メートルで、付近一帯は広い草原をなし、所々に湿地がある。ヤチヤナギ、ヌマガヤを主体とする中間湿原、ミズゴケ類を伴う高層湿原、ヨシ、スゲを主体とする低層湿原などがあり、また乾燥化が進んだ草原もあって、高原の植物相は変化に富み、青森市の天然記念物に指定されている。開拓者の小集落があり、農耕と放牧が行われている。冬期をのぞいて青森駅からシャトルバスの便がある。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の田代平の言及

【八甲田山】より

…北八甲田火山群をとりまく外輪山は,北側から東側にかけて柴森山,石倉山,黒森と半円形をなして連なるが,他の部分ではその後の火山活動による噴出物によっておおわれているため不明瞭である。この北東側の外輪山と中央火口丘群との間には火口原の田代平(たしろたい)があり,起伏の緩やかな草原地帯となっており湿原もある。一方,南八甲田火山群は櫛ヶ峰(1517m。…

※「田代平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田代平の関連キーワード青森県青森市駒込岩手県八幡平市富樫 鉄之助ヤチヤナギ八甲田山七時雨山萱野高原横山湿原

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田代平の関連情報