コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田宮如雲 たみや じょうん

美術人名辞典の解説

田宮如雲

幕末の名古屋藩士。名は篤輝、号は桂園、通称は弥太郎、のち如雲と改める。徳川義勝の側近として藩政改革を補佐した。のち参与・名古屋藩大参事となった。明治4年(1871)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田宮如雲 たみや-じょうん

1808-1871 江戸時代後期の武士。
文化5年10月23日生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。尊攘(そんじょう)派の中心として徳川慶勝(よしかつ)を藩主に擁立,慶勝が14代藩主になると,側近として勘定奉行,町奉行,用人などをつとめた。慶応3年参与,明治2年名古屋藩大参事となった。明治4年4月19日死去。64歳。本姓は大塚。名は篤輝(あつてる)。字(あざな)は子志。通称は弥太郎。号は桂園,桂叢。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

田宮如雲

没年:明治4.4.19(1871.6.6)
生年:文化5.10.23(1808.12.10)
幕末の尾張(名古屋)藩士。通称弥太郎。号は桂園,桂叢。同藩士大塚正甫の次男で,名町奉行田宮半兵衛の養子。天保10(1839)年目付在任中に,高須松平家の秀之助(徳川慶勝)の尾張藩主擁立を目指した金鉄党リーダーとしての活動をとがめられ,中奥小姓に左遷。その後復帰して町奉行。嘉永2(1849)年の慶勝襲封後は勘定奉行,小納戸頭取,用人となり,側近として藩政改革を補佐,慶勝と浮沈を共にした。大政奉還後,朝廷に参与として出仕。京都の市政を司り,甲信鎮撫に率兵。版籍奉還後は名古屋藩大参事となった。明治4(1871)年,転職21回,解職6回,幽閉3回の波乱の人生を閉じる。<参考文献>『名古屋市史』人物編1

(岩下哲典)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

田宮如雲の関連キーワード鬼頭忠純阿部松園勝野良順長谷川敬阿部伯孝林金兵衛鬼頭仲次尾崎忠景

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android