コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳川慶勝 とくがわ よしかつ

6件 の用語解説(徳川慶勝の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

徳川慶勝

幕末・明治の大名・政治家。尾張第十四・十七代藩主。松平義建の子。名は慶恕、月堂と号する。徳川宗睦を範として、藩政改革に着手し藩力を強化した。また国防に努め、徳川斉昭松平慶永島津斉彬らと国事を議した。のち従一位に叙せられ、また名古屋藩知事となる。明治16年(1883)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

徳川慶勝 とくがわ-よしかつ

1824-1883 幕末の大名。
文政7年3月15日生まれ。美濃(みの)(岐阜県)高須藩主松平義建(よしたつ)の次男。嘉永(かえい)2年宗家の尾張(おわり)名古屋藩主徳川家14代となり,藩政改革を実行。日米修好通商条約の調印に反対,将軍徳川家定(いえさだ)の継嗣問題でも井伊直弼(なおすけ)と対立し隠居謹慎。のちゆるされ,公武合体運動に尽力。明治16年8月1日死去。60歳。初名は義恕(よしくみ),慶恕。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

徳川慶勝

没年:明治16.8.1(1883)
生年:文政7.3.15(1824.4.14)
幕末の尾張(名古屋)藩主。幼名秀之助。初め義恕。盛斎,月堂,梅柳園とも号す。支藩美濃高須藩主松平義建の次男。母は規姫。弟の茂徳,容保,定敬と共に「高須4兄弟」と称される。当時尾張藩では幕府による押付養子が続いていたため,藩内士民に望まれて嘉永2(1849)年尾張家14代を襲封。擁立の功臣田宮如雲ら金鉄党を用いて人事を刷新,財政再建等の改革を行った。特に同党の伊藤三十郎(茜部相嘉)の海防建白書を評価,西洋砲術の導入,知多半島防衛策,水軍調練を実施。江戸在府時にも国許藩士の訓練状況報告を自ら点検した。徳川斉昭や島津斉彬,伊達宗城とも親交を持ち,海外の情報を収集。『和蘭別段風説書』などを書写した。さらに写真術を研究,藩の洋学者や側近の協力で文久年間(1861~64)には撮影に成功。自らの実験ノート名古屋城,熱田浜御殿,江戸戸山邸など貴重なガラス写真を残す。政局面では一橋派。安政5(1858)年の不時登城事件で井伊直弼を詰問,幕府より隠居を命じられ,戸山邸で謹慎。万延1(1860)年許され,元治1(1864)年征長総督に就任。長州藩に寛大な処分をとり,一橋(徳川)慶喜に「総督の英気いたって薄く芋(西郷隆盛)に酔い候は酒よりもはなはだし」と評された。征長中,本営の広島城下の写真も写す。王政復古後は議定職となり,藩論を尊王に導き,周辺諸藩を勤王に誘引して明治維新に一定の役割を果たした。その後は旧臣授産のため北海道八雲村の開拓事業を援助した。<参考文献>岩下哲典「徳川慶勝の写真研究と撮影写真」(『金鯱叢書』18,19輯)

(岩下哲典)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とくがわよしかつ【徳川慶勝】

1824‐83(文政7‐明治16)
幕末・維新期の大名。尾張藩14代藩主,のち再家督して17代藩主。支藩の美濃高須藩主松平義建(よしたつ)の第2子として江戸に生まれる。初名は義恕(よしくみ),のちに慶恕,慶勝。1849年(嘉永2)に宗家を継いで,藩政改革に実効をあげた。日米通商航海条約の調印をめぐっては鎖国攘夷を唱え,将軍継嗣問題では一橋派にくみし,徳川慶福(よしとみ)(家茂)を推す井伊直弼派と対立した。このため,58年(安政5)隠居謹慎を命ぜられ,家督を弟茂徳(もちなが)に譲った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳川慶勝
とくがわよしかつ

[生]文政7(1824).3.15. 美濃
[没]1883.8.1. 東京
幕末の尾張藩主。松平義建の子。初名は慶恕 (よしくみ) 。公武合体運動の中心として幕末に活躍。第1次長州征伐のときは征長総督となったが,第2次の征長には出兵を拒否した。廃藩当時は名古屋藩知事となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳川慶勝
とくがわよしかつ
(1824―1883)

幕末期の尾張(おわり)徳川藩主。公武合体の立場で活躍した。実父は美濃(みの)(岐阜県)高須(たかす)藩主松平義建(よしたつ)。尾張徳川家の養子となり、1849年(嘉永2)封を継ぎ、51年から藩政改革に着手し、人事の刷新、財政整理、禄制(ろくせい)改革などを行い成果をあげた。鎖国攘夷(じょうい)の立場にたち、条約勅許問題では勅許必須(ひっす)論を強硬に主張したので、58年(安政5)幕府は慶勝に退隠を命じ、江戸・戸山(とやま)別邸に幽閉した。62年(文久2)赦免され、その後、朝幕間の斡旋(あっせん)に努めた。64年(元治1)征長総督を命ぜられ、征長の全権が委任され、長州藩の謝罪を受け入れた。67年(慶応3)10月には桑名藩主松平定敬(さだあき)を派して大政奉還を奏上せしめている。王政復古後、議定(ぎじょう)に任ぜられ、70年(明治3)には名古屋藩知事となった。[林 亮勝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の徳川慶勝の言及

【長州征伐】より


[第1次]
 1864年(元治1)7月18日の禁門の変(蛤御門の変ともいう)による長州軍の皇居内への発砲は,7月23日の長州追討の朝命となり,翌日,幕府は中国・四国・九州の21藩に出兵を命じ,また,その他の諸藩には京畿守備を命じた。そして,幕府は征長総督徳川慶勝(前尾州藩主)の指揮のもとに諸大名の部署を決め,征長軍を進めようとした。しかし,その足並みは必ずしもそろわなかった。…

※「徳川慶勝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

徳川慶勝の関連キーワード田宮如雲徳川茂徳植松有園名古屋藩愛知名古屋尾崎忠征成瀬正肥松平義端間宮六郎

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳川慶勝の関連情報