コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村草 タムラソウ

デジタル大辞泉の解説

たむら‐そう〔‐サウ〕【田村草】

キク科の多年草。山地の草原に生え、高さ1~1.5メートル。夏から秋、アザミに似た紅紫色の花をつける。葉は羽状に深く裂け、とげはない。たまぼうき。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たむらそう【田村草】

キク科の多年草。山中の草原に生える。茎は高さ1メートル 内外となり、上方がまばらに分枝する。葉は互生し大形で、羽状に全裂しとげはない。夏から秋にかけ、アザミに似た紅紫色の頭花を上向きにつける。タマボウキ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

田村草 (タムラソウ)

学名:Serratula coronata subsp.insularis
植物。キク科の多年草

田村草 (タムラソウ)

植物。秋田村草の別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

田村草の関連キーワードハルノタムラソウ(春の田村草)タマボウキ植物禊萩頭花

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田村草の関連情報