コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村草 タムラソウ

デジタル大辞泉の解説

たむら‐そう〔‐サウ〕【田村草】

キク科の多年草。山地の草原に生え、高さ1~1.5メートル。夏から秋、アザミに似た紅紫色の花をつける。葉は羽状に深く裂け、とげはない。たまぼうき。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たむらそう【田村草】

キク科の多年草。山中の草原に生える。茎は高さ1メートル 内外となり、上方がまばらに分枝する。葉は互生し大形で、羽状に全裂しとげはない。夏から秋にかけ、アザミに似た紅紫色の頭花を上向きにつける。タマボウキ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

田村草 (タムラソウ)

学名:Serratula coronata subsp.insularis
植物。キク科の多年草

田村草 (タムラソウ)

植物。秋田村草の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

田村草の関連キーワードハルノタムラソウ(春の田村草)タマボウキ植物禊萩頭花

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android