コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田植草紙 たうえぞうし

世界大百科事典 第2版の解説

たうえぞうし【田植草紙】

歌謡集。1巻。中国山地田植歌を書き留めた写本。当地方にはこの種の写本がおびただしいが,これは広島県山県郡大朝町新庄で発見され,1928年に《日本歌謡集成》第5巻に収められ,しだいに日本を代表する田植歌集としての評価を得るにいたった。歌詞には中世小歌の強い影響がみられ,歌謡としての成立は室町末期とするのが通説。ただし写本になったのは江戸時代で,《田植草紙》そのものは文化・文政ころの写しという。1首の歌は音頭と早乙女の掛合を中心にほぼ5行で構成されるが,そうした歌の130首余りを朝・昼・晩の各4番,計12番に分けて配列し,田植の1日に歌うべき歌をもっとも巧みに整序したのが本書である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田植草紙
たうえぞうし

中国山地の、とくに大規模な田植を行う囃田(はやしだ)地方を中心として流布した田植唄(うた)の集成。一巻。編者不詳。原本は化政(かせい)期(1804~30)の写本。約140章。田植の進行に伴って朝歌から晩歌に至るまで組織的に配列されており、各章は、オヤウタ・コウタにオロシ三行つく五行詩をなし、各句末は四音止(ど)めとするなど、中世小歌の律調面の特質をみごとに示す。恋の情趣を詠むものが多いのも、収穫を予祝する呪歌(じゅか)としてのはたらきとみられる。囃田は、当日、山から田の神を迎え降ろす神事から始められ、田植という労働と田植唄を歌い、簓(ささら)・大太鼓・笛などで囃す芸能とが、総指揮の任にあたるサンバイサゲにより一体化されるものであり、『田植草紙』はこのような背景のもとに形成されたものといえよう。中世小歌の集成にとどまらず、豊かな民謡集として貴重である。[徳江元正]
『志田延義校注『日本古典文学大系44 中世近世歌謡集』(1959・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の田植草紙の言及

【日本音楽】より

…《閑吟集》《宗安小歌集》《隆達小歌集》の中には,民謡的な小歌が相当含まれている。しかし,純粋な民謡を集めたものとしては,中国山地の田植歌を集めた《田植草紙》が代表的なものであろう。
[近世]
 現在民謡と呼ばれる歌の99%は,近世つまり江戸時代の所産である。…

【囃子田】より

…中世の囃子をともなう田植のようすは,《法然上人絵伝》や《大山寺縁起絵巻》に描かれているほか,全国に残る田遊(たあそび)などにその面影が残る。また中世末期に中国地方の囃子田で歌われた田植歌は,《田植草紙》として残り,中世庶民歌謡の宝庫とされる。なお,中国地方の山間部で実際に行われる大規模な囃子田は,早朝のサンバイ(田の神)祭に始まり,苗取り,代搔き,田植と続くが,代搔きには華やかに飾りたてた近在の牛が数十頭集まり,〈鶴の巣籠り〉とか〈天の三星〉などという特殊な呪術をこめた代(しろ)が搔かれる。…

※「田植草紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

田植草紙の関連キーワード門田(かどた)化粧・仮粧和郎・我郎漏路・匿路さんばい酌を取る沖・澳参するこだる繁い愛敬参すよやほて媚む刺刀てい撓む門田