田楽踊(読み)でんがくおどり

精選版 日本国語大辞典の解説

でんがく‐おどり ‥をどり【田楽踊】

〘名〙 江戸王子権現で毎年七月一三日の祭に、権現の別当である金輪寺十二坊から出した踊り。花笠をかぶり、直垂(ひたたれ)に指貫(さしぬき)をつけた童子六人が、笛と太鼓の囃子(はやし)につれ、舞楽殿で踊った。田楽。《季・秋》
※東都歳事記(1838)七月一三日「別当金輪寺、寺中十二坊より田楽踊(デンガクヲド)り十二番を出す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報