コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郎従 ロウジュウ

百科事典マイペディアの解説

郎従【ろうじゅう】

平安期以降,武者や国司(こくし)に仕えた従僕の総称。類語に〈郎等(ろうとう)・従類〉などがあるが,郎従はこの等・従類を含んで用いられる場合が多い。郎従は,主人と主従関係をもつ家の子(血縁関係がある者),伴類(ばんるい)(関係性のやや弱い)などで構成される武士団のなかで,中核をなす従者であった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ろうじゅう【郎従】

平安時代以後,武者や国司に仕えた従僕の総称。郎等と同意語に使われることが多いが,郎等は従類と対で〈郎等・従類〉のごとく使われ,従類より地位の高い従僕の意であるが,郎従の場合は郎等・従類を含んで使われる場合の方が多い。郎等・従類の等・類は接尾語で,基本は郎・従にあることを考えると,郎従はまさに郎と従をひっくるめて表現したものと考えられる。主人と郎従の主従関係は武士団の中心部分を構成しているが,このほかに武士団には伴類といって主従関係のルーズな層があり,武士団の周辺部分を構成している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろうじゅう【郎従】

郎党ろうどう」に同じ。 「その資財を奪取て、悉く-に与へ/平家 7

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郎従
ろうじゅう

家子郎党」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郎従
ろうじゅう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郎従の言及

【郎等】より

…従者のうちでも地位の高い者を郎等といい,低い者は従類といった。郎等のうち主人一家に擬せられたのが家子(いえのこ)であり,家子,郎等,従類などをあわせて郎従という。郎等は中世初期武士団にあっては中核的存在であり,主人に名簿(みようぶ)を奉呈したり,また初参(しよさん)といってはじめて見参(げんざん)することにより,主従関係を形成した。…

※「郎従」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

郎従の関連キーワード郎等・郎党格別・各別坂東八平氏宇佐美実政宇都宮頼綱由利八郎浅原為頼佐藤忠信大庭御厨藤原国衡千葉胤正安藤季長大河兼任藤原泰衡中村宗平中原清業清水義高東百官剃髪刑由利氏

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android