由利適水(読み)ゆり・てきすい

朝日日本歴史人物事典の解説

由利適水

没年:明治32.1.20(1899)
生年:文政5.4.8(1822.5.28)
幕末維新期の臨済宗。文久2(1862)年天竜寺西堂に補せらる。元治1(1864)年7月の禁門の変の際,長州()藩兵が同寺を営所としたことで幕府の攻撃を受け炎上。開山夢窓疎石の画像を守った。明治4(1871)年天竜寺派管長。以来,天竜寺の再建に専心した。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android