コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由利適水 ゆり・てきすい

朝日日本歴史人物事典の解説

由利適水

没年:明治32.1.20(1899)
生年:文政5.4.8(1822.5.28)
幕末維新期の臨済宗の僧。文久2(1862)年天竜寺西堂に補せらる。元治1(1864)年7月の禁門の変の際,長州(萩)藩兵が同寺を営所としたことで幕府の攻撃を受け炎上。開山夢窓疎石の画像を守った。明治4(1871)年天竜寺派管長。以来,天竜寺の再建に専心した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

由利適水の関連キーワード[各個指定]芸能部門リジェンダーイェーツゴーリキー(Maksim Gor'kiy)チェーホフ童謡誌おてんとさんチェレプニンパテルノストロマタチッチラデジンスキー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android