由木康(読み)ゆうき こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由木康 ゆうき-こう

1896-1985 大正-昭和時代の牧師。
明治29年4月16日生まれ。大正10年から東京二葉独立教会で伝道にあたる。讃美歌の訳詞,編集につとめ,みずから作詞もした。「きよしこのよる」などおおくの訳詞がある。パスカルの研究者としても知られる。昭和60年1月27日死去。88歳。鳥取県出身。関西学院卒。旧姓足立。著作に「讃美のと音楽」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由木康の関連情報