足立(読み)あだち

精選版 日本国語大辞典の解説

あだち【足立】

(葦立(あしだち)の転化した語か)
[一] 東京都と埼玉県にまたがる地名。旧郡名。荒川と古利根川である中川にはさまれた低湿デルタにあり、江戸時代から開発された。明治一二年(一八七九)北足立郡(埼玉県)と南足立郡(東京府)に二分され、昭和七年(一九三二)東京側は足立区となる。
[二] 東京都二三区の一つ。奥州街道の宿場町千住を中心に発達。西新井大師(五智山総持寺)がある。

あし‐だて【足立】

〘名〙
① 足を爪先立てて歩くこと。また、足の立て方。歩きぶり。
※色葉字類抄(1177‐81)「跂 アシタテ 云企跂歩」
② 物事を始める手がかり。
※歌舞伎・梅柳若葉加賀染(1819)大詰「鎌倉へ弓引く足立(アシダ)てと、かねての企みも」

あし‐だち【足立】

〘名〙 人馬の足の立つところ。足がかり。足場。たちど。また、足で立つこと。
※平家(13C前)九「足だちのよからう方へむかはん、悪しからう方へはむかはじなんど候はんには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

足立
あだち

埼玉県南東部、志木市(しきし)の旧町名。1955年(昭和30)北足立郡の志木町と宗岡(むねおか)村が合併して足立町が成立。1970年市制施行して志木市となる。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android