コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由水常雄 よしみず つねお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由水常雄 よしみず-つねお

1936- 昭和後期-平成時代の美術史家,ガラス工芸家。
昭和11年8月2日生まれ。昭和39年ガラス・デザイン研究所を設立。43年チェコのカレル大に留学。ヨーロッパ各地でガラス工芸の東西交流などについて調査・研究し,55年から創作もはじめる。56年東京ガラス工芸研究所を開設。ジャパン・グラスアート・ソサエティ会長。徳島県出身。早大卒。著作に「トンボ玉」「ローマ文化王国―新羅」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

由水常雄の関連キーワード赤外線吸収ガラス熱線反射ガラスガラスフリット低融点ガラスガラス繊維光学ガラス抗菌ガラス彫金昭和ガレ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android