コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲状腺がん こうじょうせんがん

3件 の用語解説(甲状腺がんの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

甲状腺がん

甲状腺にできるがん。
甲状腺とは、首の前側、のどぼとけよりやや下にある臓器で、チョウが羽を広げたような形をしている。全身の代謝を活発にする甲状腺ホルモンを始め、数種類のホルモンを分泌している。
甲状腺がんリスクが高いのは、25~65歳で、男性よりも女性のほうが約4~5倍多くかかる。組織の型によって、乳頭がんや濾胞(ろほう)がん、髄様がん、未分化がんなどに分けられる。乳頭がんが最も多く、甲状腺がんの約80%を占める。
甲状腺がんは、ほとんどの場合進行はゆっくりで予後(病気の経過・見通し)は良いことが多い。ただし、未分化がんは高齢者に発症することが多く、予後はきわめて悪い。
多くの場合、初期には症状は認められず、がんが大きくなってきてのどの腫れや息苦しさ、食べ物の飲み込みにくさなどが表れる。
治療は、甲状腺の一部、もしくは全部を摘出する手術が基本だが、放射線を使ってがん細胞を殺傷する放射線療法や、薬剤を用いる化学療法なども行われる
甲状腺がん発症の原因は不明だが、1986年に起きた旧ソ連・ウクライナチェルノブイリ原子力発電所事故後の小児甲状腺がんの調査から、小児期の放射線被爆(ひばく)は甲状腺がん発症の誘因とされている。被曝時に0歳から15歳未満だった子どもの甲状腺がんが増えたというデータが出ており、これは、高濃度に汚染された牛乳を飲み続けたことや、汚染された大気を吸入したことが原因と考えられている。2011年3月11日に起きた福島第一原発の事故でも、放射線被曝による将来の甲状腺がんの発生リスクが心配されている。甲状腺はヨウ素を原料として、甲状腺ホルモンを作る。そのため、甲状腺はヨウ素を積極的に取り込む性質を持っている。
原発事故により飛散が懸念されている放射線を出すヨウ素も、食物などから日常摂取している安定ヨウ素と同じように甲状腺に取り込まれる取り込まれたヨウ素により、甲状腺の細胞が集中的に放射線を浴びると甲状腺がんになりやすいことが分かっている。特に、細胞分裂の活発な子どもは影響が大きい。
ただし、余分なヨウ素は速やかに体外に排泄されるので、ヨウ化カリウムなどの安定ヨウ素剤を服用することで、放射線を出すヨウ素の甲状腺への取り込みを減少させることができる。

(星野美穂  フリーライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

甲状腺がん

甲状腺はのど仏に続く気管を取り巻くようにあり、しこりが見つかればがんの可能性があると診断される。広島と長崎の被爆者には、現在も甲状腺がんやその転移に苦しむ人がいる。チェルノブイリ原発事故(1986年)では、3~4年後から周辺住民に甲状腺がん患者が増えたとされる。 東京電力福島第一原発の事故後、福島県は当時18歳以下の約38万5千人を対象に甲状腺検査を実施。県の担当課によると、これまでに計103人が甲状腺がんと確定診断された。県検討委員会は「現時点で事故の影響は考えにくい」としている。

(2015-06-06 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

こうじょうせんがん【甲状腺がん Thyroid Cancer】

◎たいていは発育の遅い腺(せん)がん
[どんな病気か]
 甲状腺(こうじょうせん)には腺(せん)がん(乳頭腺(にゅうとうせん)がんと濾胞腺(ろほうせん)がん)、未分化(みぶんか)がん、髄様(ずいよう)がん、悪性(あくせい)リンパ腫(しゅ)(「悪性リンパ腫」)といったがんが発生します。このなかでは、発育の遅い腺がん、なかでも乳頭腺がんが圧倒的に多く、濾胞腺がんを含めると、甲状腺のがんの90%は腺がんです。
 甲状腺のがんは、ほかの部位のがんと比べて、若い人に多くみられるのが特徴です。
 腺がんは40歳代にもっとも多くみられ、ついで30歳代、20歳代の順になっています。10歳代に発生することもあります。
 男女比は、1対5~7で、圧倒的に女性に多い病気です。ただし、悪性度の高い未分化がんだけは、50歳以上の人に多くみられ、男女ほぼ同数です。
[症状]
 まったく症状の現われないこともありますが、くびの圧迫感があったり、声がかれるなどの症状が、かなりの患者さんにみられます。
 未分化がんの場合は、呼吸困難、ものを飲み込みにくい、体重が減る、疲れやすいなどの症状もおこってきます。
[検査と診断]
 通常、甲状腺のはたらきは正常で、血液中の甲状腺ホルモンの量を調べても異常はみられません。
 そのほかの血液検査でも、異常を示すことはほとんどありません。しかし、未分化がんの場合には、白血球(はっけっきゅう)数の増加と血液沈降速度(けつえきちんこうそくど)(赤血球(せっけっきゅう)沈降速度)の増加がみられます。
画像診断
 比較的やわらかい組織も写す頸部(けいぶ)の軟(なん)X線撮影(せんさつえい)、超音波検査放射性同位元素を使った甲状腺のシンチスキャン、CTスキャン、水分などのかすかな磁力を利用して画像をえるMRI検査などの方法があります。
 これらの検査では、腫瘤(しゅりゅう)があることはわかっても、良性か悪性かの診断はできません。
 ただし、乳頭腺がんの場合は、頸部軟X線撮影によって、砂粒腫小体(さりゅうしゅしょうたい)と呼ばれる、石灰が甲状腺組織に沈着した特有の陰影がみられ、診断がつきます。
●血中腫瘍(けっちゅうしゅよう)マーカー(「腫瘍マーカー」)
 体内に腫瘍ができると、血液中にある種の物質が増えることがあり、このような物質を腫瘍(しゅよう)マーカーと呼び、腫瘍をみわける手がかりにしています。
 たとえば、甲状腺髄様(ずいよう)がんでは、血液中にカルシトニンや、CEAという物質が増加します。
 また、甲状腺腺がん、とくに濾胞腺がんができると、血中にサイログロブリンが増えます。しかし、サイログロブリンは、良性腫瘍りょうせいしゅよう)である甲状腺腺腫やバセドウ病などでも増加します。
 このように、腫瘍マーカーだけからでは、がんと診断を確定することができません。
 しかし、治療後の経過をみたり、がんの再発や転移の有無を確認するには役立ちます。
●甲状腺針生検(こうじょうせんはりせいけん)
 甲状腺のがんの診断を確定するために、針を刺して腫瘍の組織や細胞をとり、顕微鏡で調べるという、穿刺吸引細胞診(せんしきゅういんさいぼうしん)がよく行なわれます。
◎手術で治ることが多い
[治療]
 悪性腫瘍(あくせいしゅよう)では、一刻も早く診断を確定し、手術など、適切な治療を開始することがたいせつです。
手術療法
 腺(せん)がん、髄様(ずいよう)がん、悪性(あくせい)リンパ腫(しゅ)などでは、手術をして、腫瘍ができている甲状腺を全部摘出します。
 手術は、全身麻酔のもとに行なわれ、3~4週間の入院が必要です。
●そのほかの治療法
 腺がんでは、放射性ヨード131I)療法が行なわれます。ヨードは甲状腺がんの部分に取り込まれ、放射線を出して細胞を破壊するため、効果が期待できるのです。
 そのため、とくに腺がんで転移のみられる場合、甲状腺をすべて摘出した後に、放射性ヨードの内服を行ない、甲状腺由来のがん細胞が破壊されることを期待します。その後、甲状腺ホルモン(T4)剤の内服を続けます。
 未分化がんでは、放射線療法や、抗がん剤による薬物(化学)療法が中心になります。
 悪性リンパ腫では、手術療法のほかに、放射線療法が行なわれることもあります。
●治療を受けるときの注意
 がんでは、早期診断、早期治療が必須です。少しでも甲状腺がんが疑われるときには、内分泌(ないぶんぴつ)、とくに甲状腺の専門医を受診してください。
 放射性ヨード療法を受ける場合は、治療の2週間前から、ヨードを含む食品の摂取を厳重に制限する必要があります。海藻など、ヨードを含む食物や薬剤は、絶対にとらないようにしてください。
 また、放射性ヨード療法では、放射線が胎児(たいじ)に影響をあたえる可能性があるので、妊娠は絶対に避けてください。
 甲状腺をすべて摘出すると、甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)(「甲状腺機能低下症とは」)になります。このため、甲状腺ホルモン剤を、毎日欠かさず生涯にわたって、服用し続けなければなりません。
 その後の経過が良好でも、年に2~3回は、定期的に診察を受けましょう。
[予防]
 甲状腺のがんの約90%を占める腺がんは、発育がきわめて遅いものです。そのため、一刻も早く手術して摘出すれば、ほぼ完全に治ります。
 このように、甲状腺がんは、がんといっても、後の経過がよい病気です。
 ただ、未分化がんだけは、治療をしても大半は6か月以内に死亡するという、非常に悪性の病気です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

甲状腺がんの関連キーワード乳幼児身体発育曲線小児科遅場低速成人期エネルギー (energy)クイティアオセンミーセンヤイセンレック

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲状腺がんの関連情報