町原煕麿(読み)まちはら ひろまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

町原煕麿 まちはら-ひろまろ

1815-1890 幕末-明治時代の漢学者。
文化12年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)丸岡藩士町原貞忠の養子。幕臣岡田真澄(ますみ),郡山(こおりやま)藩儒荻生桜水にまなぶ。藩主侍読,右筆をつとめ,儒官にすすむ。維新後は小浜伝習学校の教諭。明治23年8月10日死去。76歳。本姓甲斐(かい)。名は貞凞。号は緑蔭。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android