町田欣一(読み)まちだ きんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

町田欣一 まちだ-きんいち

1925-1987 昭和時代後期の心理学者。
大正14年8月1日生まれ。警視庁の刑事部主幹,科学検査所文書鑑定科長などを歴任筆跡の心理学的分析法を確立し,犯罪心理学,群集心理学も研究。日航ハイジャック事件(昭和45年),浅間山荘事件(47年)などの犯人説得を指揮。のち博報堂取締役。昭和62年1月19日死去。61歳。群馬県出身。早大卒。著作に「筆跡による性格診断法」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android