コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犯罪心理学 はんざいしんりがく criminal psychology

5件 の用語解説(犯罪心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犯罪心理学
はんざいしんりがく
criminal psychology

法律によって処罰される反社会的,反公共的な行動について,その背景となる心的機制を明らかにする心理学。知能や性格などの個体の素質的要因と,成育環境や社会構造などの外的要因との複雑な相互作用による犯罪行動の原因およびその成立過程を解明し,また犯罪者の社会復帰の方策を心理学的に考究する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はんざい‐しんりがく【犯罪心理学】

犯罪および犯罪者について研究する心理学の一分野。犯行の心理、犯罪者の性格、証言の心理などを研究する裁判心理学や、犯罪者の矯正・更生・犯罪予防を目的とする矯正心理学を含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

犯罪心理学【はんざいしんりがく】

犯罪および犯罪者の心理を研究する心理学の一分野。犯罪者の性格,性差,年齢,知能,精神的・肉体的疾患などと犯罪との関係や,犯行の心理,犯行の類型,犯罪の原因などを明らかにし,犯罪そのものの因果法則を確立しようとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

はんざいしんりがく【犯罪心理学】

犯罪および犯罪者の行動・心理を研究する心理学の一部門。犯罪行動とその心理、犯罪者のパーソナリティー、供述・証言の心理、矯正などの問題を取り扱う。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犯罪心理学
はんざいしんりがく
criminal psychology

犯罪精神医学犯罪社会学などとともに犯罪学criminology(刑事学ともいう)の一部門を構成し、犯罪(少年の非行を含む)行為・現象および犯罪者(非行少年を含む)を心理学の立場から解明する心理学の一分野。その成果は、広く犯罪(者)・非行(少年)を取り扱う実務領域での専門業務に活用されている。たとえば、警察での防犯・捜査・補導、検察・裁判での証言や供述の取扱い・立証、矯正・保護での刑罰執行・分類(処遇類型化)・鑑別・各種処遇・社会復帰などである。[遠藤辰雄・安香 宏]

研究内容

分野別に示すと、犯罪原因論(個体的と環境的の2側面からの究明に大別)、犯罪者処遇論(教育、職業訓練、心理治療、施設内・社会内・中間的処遇の技法等の研究)、犯行動機論(行動への顕在化に際しての誘因の究明)、犯罪予測論(早期予測と再犯予測の2種に大別)、裁判心理学(証言の信憑性(しんぴょうせい)の検討)、犯罪者集団・組織犯罪の分析、被害者学、法心理学(有責性、立法・法改正の心理的背景等の研究)、精神病理学的事例研究などとなる。[遠藤辰雄・安香 宏]

研究方法

事例研究法、面接法、テスト法、行動観察法、社会調査法、実験法、統計的方法などが用いられ、殺人・放火・窃盗などの罪名別、性犯・暴力犯・財産犯などの罪種別、性別、年齢別、単独犯・集団犯別などの考察や、非犯罪者群との比較、被害者との関係といった分析も試みられる。[遠藤辰雄・安香 宏]

歴史

犯罪心理学の研究は、ドイツにおいて18世紀初期に法医学の一領域として、犯罪者の判断・動機の研究に始まった(1715年の文献が残されている)。しかし経験科学的方法が取り入れられ、犯罪者の人格に目が向けられるようになったのは18世紀末のことである。ことにドイツの詩人で劇作家シラーの作品『名誉を失った犯罪者』(1786)は、劣等感とその過補償の心理を明らかにし、ドイツの刑法学者フォイエルバハは「心理強制説」(犯罪によって得られる利益が、それに対する刑罰より少なければ、だれも罪を犯さないという仮説)と刑事事件の記録集(1808、1828)によって、後世に大きな影響を与えた。
 19世紀に入ると、イタリアの医師ロンブローゾによる犯罪人類学というアプローチ(1876)のなかで、犯罪者は進化とは逆の退化によって原始人的身体特徴を生来的にもつ者だとの宿命論が主張され、これが犯罪者についての実証的研究の始まりとされる。
 20世紀を迎え、心理学そのものの発展と犯罪および犯罪者をめぐる学際的研究の促進は、犯罪心理学研究を今日のように多彩にした。1920年代にオーストリアやドイツで始まった犯罪生物学では、精神医学者が中心となり、犯罪者に関する遺伝的・身体的・心理的・環境的要因を多面的に収集する学際研究が盛んになされた。わが国でも、第二次世界大戦前に寺田精一(せいいち)(『犯罪心理学』1926)、小熊虎之助(とらのすけ)、石井俊瑞(しゅんずい)、吉益脩夫(しゅうふ)らの業績があるが、戦後、日本犯罪心理学会の結成(1962)とその活動(2000年10月現在、会員数約1000名)を中心に多くの研究報告や出版がなされている。それは、大学・研究所のほか関係の施設・機関に多くの心理学者の参加が求められるようになったことを背景としている。[遠藤辰雄・安香 宏]

研究状況

現在、研究は、行動主義、人間性心理学、精神力動論(精神分析学派を含む)、自我心理学、発達心理学などの立場から進められている。しかし、いずれの学派も、犯罪行動が、個人の状況認知と、その行動によって獲得が期待されることとに依存すること、いいかえると、犯罪行動が、日常生活のなかで学習された行動様式と状況の認識とが絡み合って起こることは認めている。
 そして犯罪からの立ち直りに関しては、日常生活における社会化、ことに人間関係を通じての、家族・学校・地域社会への愛着や献身、あるいは道徳や法を尊重する信念の形成のためのスキルの学習を問題とすべきであるとし、同時に、主体性確立や自己実現の欲求と自己統制、状況認知と罪の意識や思考様式との関係など人間の内面性にも視点を向けるべきであるとしている。[遠藤辰雄・安香 宏]
『遠藤辰雄著『非行心理学』(1974・朝倉書店) ▽安香宏・麦島文夫編『犯罪心理学』(1975・有斐閣) ▽福島章著『犯罪心理学入門』(中公新書) ▽山根清道編『犯罪心理学』(1974・新曜社) ▽岩井弘融・遠藤辰雄・樋口幸吉・平野龍一編『日本の犯罪学』1~8巻(1969~98・東京大学出版会) ▽守山正・西村春夫著『犯罪学への招待』(1999・日本評論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犯罪心理学の関連キーワード社会的性格特殊法人ヒル反応暴力団法定計量単位刑事事件社会淘汰反社会的特別民間法人連続犯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犯罪心理学の関連情報