町田武須計(読み)まちだ ぶすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

町田武須計 まちだ-ぶすけ

1838-1895 幕末-明治時代の武士,政治家。
天保(てんぽう)9年1月26日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)桑名藩士。戊辰(ぼしん)戦争では越後(えちご),会津(あいづ),米沢と転戦し,庄内で新政府軍に降伏。明治2年ゆるされ桑名藩権(ごんの)大参事。県会議員をへて,22年初代桑名町長となる。明治28年7月19日死去。58歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android