コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

界壕 かいごうjiè háo

世界大百科事典 第2版の解説

かいごう【界壕 jiè háo】

中国,金朝がモンゴル系遊牧民の侵入に備えて西北辺境に築いた防御施設。すでに建国当初から部分的に築いていたが,遊牧民の活動が激しくなった1192年(明昌3)以後章宗が大改築を行った。しかし,そのために莫大な経費を費やし,国家財政は疲弊した。現在,黒竜江省莫力達瓦ダフール(達斡爾)族自治旗の嫩江(のんこう)西岸から始まって大興安嶺沿いに途中三すじに分かれながら南西方向に続いている長城(土塁塹壕が残る)がその遺跡である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

界壕の関連キーワード金(中国の王朝)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android