コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

界遠護洲 かいえん ごしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

界遠護洲 かいえん-ごしゅう

1637-1698* 江戸時代前期の僧。
寛永14年生まれ。曹洞(そうとう)宗。信濃(しなの)(長野県)臥雲院で出家。江戸にでたのち,和泉(いずみ)(大阪府)の鉄心(てっしん)道印,近江(おうみ)(滋賀県)の丹嶺祖衷(たんれい-そちゅう)にまなぶ。のち近江善応寺の惟慧道定(ゆいえ-どうじょう)に師事してその法をついだ。元禄(げんろく)10年11月21日死去。61歳。信濃出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

界遠護洲の関連キーワードマストリリデカルトクライエルクライアーシュリューターモリヌークス福山藩ライプニッツ大田原高清北島雪山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android