コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹嶺祖衷 たんれい そちゅう

1件 の用語解説(丹嶺祖衷の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹嶺祖衷 たんれい-そちゅう

1624-1710 江戸時代前期-中期の僧。
寛永元年11月7日生まれ。曹洞(そうとう)宗。加賀(石川県)宝円寺の月嘯虎白(げっしょう-こはく)の法をつぐ。師のあとに同寺にはいり30年余住持をつとめ,晩年は丹後(京都府)小尾山に慈徳寺をひらいた。宝永7年7月16日死去。87歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。俗姓は田辺。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

丹嶺祖衷の関連キーワード井伊直通植田下省小沢得入包蔵(初代)賀兵衛重勝鎮知順専城意庵長盛

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone