コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畔柳都太郎 くろやなぎ くにたろう

2件 の用語解説(畔柳都太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畔柳都太郎 くろやなぎ-くにたろう

1871-1923 明治-大正時代の英文学者,評論家。
明治4年5月17日生まれ。帝国大学在学中,「帝国文学」の編集委員となり,卒業後は「太陽」「反省雑誌」などに文芸評論を発表。明治31年一高教授。40年に刊行した「文談花談」は比較文学研究の先駆となった。大正12年2月20日死去。53歳。山形県出身。号は芥舟。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畔柳都太郎

没年:大正12.2.20(1923)
生年:明治4.5.17(1871.7.4)
明治大正時代の英語教師,英語学者,文芸評論家。号は芥州。父は畔柳鉄衛,母ぎん。山形生まれ。5歳のとき父を失う。仙台の二高を経て帝大入学。大学院在学中に『帝国文学』に執筆,以後『太陽』『火柱』『明星』にも文芸評論を寄稿。明治31(1898)年から一高の英語教師。その間早稲田,青山学院,正則学校でも教えた。教え子に豊田実,松浦一。明治41年からは『大英和辞典』(1931)編纂に心血を注いだが,完成前に病没。墓は山形市七日町の願重寺。『文談花談』(1907)は比較文学的著作。<参考文献>磯貝益子「畔柳都太郎」(『学苑』136号)

(加納孝代)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畔柳都太郎の関連キーワード市河三喜神田乃武斎藤秀三郎TESLTEFL太田朗小川芳男小野圭次郎佐久間信恭安井稔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone