人文(読み)じんぶん

精選版 日本国語大辞典「人文」の解説

じん‐ぶん【人文】

〘名〙
① 人間の築いた文明。人類の文化。じんもん。
※六如庵詩鈔‐二編(1797)三・寄題波響楼「喩如勾呉文身地、於今人文難与儔
※百一新論(1874)〈西周〉下「人文のまだ十分に開けない間には、法とも教とも就かぬ交ぜ混ぜな事でも甘(うま)く治まる者でござるが」
② 人に関する事柄。人間の社会。人事。また、人倫の秩序。じんもん。
※菅家文草(900頃)一・仲春釈奠、聴講孝経、同賦資事父事君「謂之行者、俯察人文」 〔易経‐賁
③ 人の書いたもの。文章。書物
※懐風藻(751)「逖聴前修、遐観載籍、襲山降蹕之世、橿原建邦之時、天造草創、人文未作」
④ 人物と文物

じん‐もん【人文】

※浄瑠璃・感陽宮(1657)初「つらつらういの四きをくゎんするに、天もんをみては、ちへんをさっし、人もんをみては、天下をくゎせいす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人文」の解説

じん‐ぶん【人文】

人類の文化・文明。じんもん。
「吾輩は―の為にこの時機の一日も早く来たらん事を切望するのである」〈漱石吾輩は猫である
人に関する事柄。また、人倫の秩序。
[類語]文明文化文物文華人知文運開化シビリゼーション

じん‐もん【人文】

じんぶん(人文)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「人文」の解説

じんもん【人文 rén wén】

中国で古くから行われた人間界の事象を包括する概念。〈じんぶん〉ともいう。しかし諸事象を千差万別の存在のままにとらえるのでなく,《易経》賁の卦に〈天文を観て以て時の変を察し,人文を観て以て天下を化成す〉とあるように,それらが全体として礼教的文明世界を形づくることを期待した概念である。また〈日月は天の文なり。山川は地の文なり。言語は人の文なり〉(《劉子》慎言)ということばは,言語が人間世界を一つの図象に結び合わせる秩序の糸であることを含意している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の人文の言及

【人文】より

…〈じんぶん〉ともいう。しかし諸事象を千差万別の存在のままにとらえるのでなく,《易経》賁の卦に〈天文を観て以て時の変を察し,人文を観て以て天下を化成す〉とあるように,それらが全体として礼教的文明世界を形づくることを期待した概念である。また〈日月は天の文なり。…

※「人文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android