留保賃金(読み)りゅうほちんぎん(英語表記)reservation wage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働者がある水準以上の賃金ならば就しそれより小さければ職探しを続ける,あるいは労働市場に参入しないという場合の賃金。ジョブ・サーチ (職探し理論) では,探職費用が小さいほど,また企業により提示される賃金の散らばりが大きいほど留保賃金は高くなる。一方,個々の労働者にとって留保賃金の水準は,過去の賃金水準世帯主か,他の所得保障の程度などによって異なる。一般に他の所得がないならば,就業に対する緊急度が高い場合,留保賃金は相対的に低くならざるをえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android