コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番水制 ばんすいせい

百科事典マイペディアの解説

番水制【ばんすいせい】

灌漑(かんがい)方法のうち,掛流しの連結法に対し,間断法の一つで地区を分けて時間的に配水する制度。室町時代に大和興福寺領内の河川で村と村の番水が行われた記録がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

番水制の関連キーワードラービ川

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android