コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番水 ばんすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

番水
ばんすい

鎌倉,室町時代から現代まで行われている灌漑用水配分法の一つ。ある河川,用水路または池沼の水を数ヵ所の水田に引く場合,引水の時間を定める場合と,一定の施設 (分水点に備えた量水標,水路の幅,深さなど) を通して配水する場合の2つがあった。番水規定が細部にわたらず,時代を通じて水論が絶えなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばん‐すい【番水】

中世以降、渇水時に行われた灌漑(かんがい)用水の配分制度。順番を決めて田畑に水を引くもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばんすい【番水】

中世以後,同一水源・水系のもとで,灌漑用水の不公平な配分からくる収穫の豊凶を避け,また干ばつによる被害を最小限にくい止めるために行われた水の配分制度。水量を調節するため(1)現作している水田面積に応じて一定の時間を定めて決められた順序に従って配水する,(2)分水点に設けられた流水量測定の器具・道具(分木(ぶんぎ),分水石など)を使用する,(3)水路の幅,深さを定めて流水量を測る,(4)河川に(せき)を設ける場合に完全に流水を遮断せず,定められた間隙を開け,定められた深さの水流を保ちつつ一定量の水を下流に放流する,などの諸方法と,用水池の樋(ひ)を抜き放水する発議権や決定権をどの地域のどのような住民が行うかなどが番水の具体的内容であり,それらがいくつか併用されて一つの番水が運営されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の番水の言及

【灌漑】より

…また湛水を一定に保つ時期でも,朝夕のみ給水し日中や夜間には止水する場合も少なくない。灌漑地区を数ブロックに区分し,各ブロックの順番に必要水量を灌漑し循環させる方法を循環灌漑といい,水不足の時期や地域では番水と呼んでこの方法を用いていることもある。 1枚の水田において灌漑期間中に必要とされる水量は,蒸発散量,浸透量および栽培管理用水量である。…

【水利権】より

…その後,この水利秩序は,同一水系内での水利紛争などを経るなかで,江戸中・末期に水利慣行として確定したといわれている。水利慣行の存在形態は,水源(河川,溜池,クリークなど)により,あるいは地域によりさまざまだが,河川での上流優先の取水・配水,古田と新田の間での古田優先,用水不足時の番水(まわし水)などは,その代表例である。番水とは,水田の区域を分けて1日おきとか,昼夜交代とか,時間で順次移行するとかの水利用の方法である。…

※「番水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

番水の関連キーワード水論(すいろん)秩父三十三所ポー(鄱)江ラービ川江戸時代興福寺番水制

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番水の関連情報