コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異才 イサイ

デジタル大辞泉の解説

い‐さい【異才】

人並みでないすぐれた才能。また、その持ち主。「音楽界の異才

こと‐ざえ【異才】

他の。ほかの芸能や学問
「琴をば更にもいはず、―もさるべき師ども召して」〈宇津保・俊蔭〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いさい【異才】

普通とは違ったすぐれた才能。また、その持ち主。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

異才の関連キーワードバクスター(James K. Baxter)ウェルズ(Orson Welles)オーストラリア・ニュージーランド文学カブレラ・インファンテイブン・ハルドゥーンアニメーション映画ジョナサン デミトハチェフスキーアール・ヌーボーアイルランド文学エディ マーフィハンガリー文学セーデルベルイブレーデロー佐田 啓二北辰一刀流塩月 桃甫福田 蘭童与那原良応ジョンソン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異才の関連情報