コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

異部宗輪論 いぶしゅうりんろん Samayabhedoparacanacakra

2件 の用語解説(異部宗輪論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異部宗輪論
いぶしゅうりんろん
Samayabhedoparacanacakra

インド仏教史の学匠の一人バスミトラ (世友) の1~2世紀頃の著。インド仏教教団史に始り,幾多の部派の分裂を記し,その各部派の教理を記す。この間のインド仏教教理史研究のうえで重要な資料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

異部宗輪論
いぶしゅうりんろん

インドの仏教論書。7世紀の玄奘(げんじょう)の訳。サンスクリット原本は現存しないが、チベット語訳によりサマヤベードーパラチャナチャクラSamayabhedoparacanacakra(各宗義の違いを示す輪)と復元できる。本書は世友(せう)(バスミトラVasumitra)の作と伝えられているが疑問がある。インド小乗仏教の諸部派の分派史および各部派の主要な教義を記した書物。小乗部派の教義はほとんど説一切有部(せついっさいうぶ)のものしか伝えられていないので、他部派の主張を知るうえでも貴重な資料である。成立年代は不明だが、紀元2世紀を下るものではなかろう。なお、本書には仏滅年代とアショカ王即位年の差が約100年と明記されており、仏滅年代確定の一つの根拠ともなっている。ほかに異訳として『部執異論(ぶしゅういろん)』(真諦(しんだい)訳)と『十八部論』(鳩摩羅什(くまらじゅう)訳と伝えられるが疑問)の2漢訳、およびチベット語訳がある。[加藤純章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

異部宗輪論の関連キーワードインド哲学島地大等バストランドバスバンドゥバーツヤーヤナミトラ教住友インド仏教《支那仏教史蹟》《日本仏教史》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone