疎通・疏通(読み)そつう

大辞林 第三版の解説

そつう【疎通・疏通】

( 名 ) スル
支障なく通ずること。 「河流の-して南に北に注入する/真善美日本人 雪嶺
考えが相手に通ずること。 「意思の-をはかる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる