病原微生物学(読み)びょうげんびせいぶつがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

病原微生物学
びょうげんびせいぶつがく

微生物について研究する科学のなかで,その病原性という面から医学領域で特に重要なかかわりのある微生物を対象とする学問。一般には応用微生物学と対比される。病原微生物 (→病原体 ) によって起る病気の診断と同定,その疫学と予防,および治療法の発見と確立などが重要な課題となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android