コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癭蠅 タマバエ

デジタル大辞泉の解説

たま‐ばえ〔‐ばへ〕【××蠅】

双翅(そうし)目タマバエ科のハエ総称。体は蚊を小さくしたような大きさ。細長い脚と幅広い翅(はね)をもつ。幼虫植物に寄生して虫こぶをつくるもの、植物の葉を巻くもの、アブラムシ・ダニなどを捕食するものなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまばえ【癭蠅】

タマバエ科の昆虫の総称。体長2ミリメートル 内外の微小な種類が多い。比較的長い触角と肢を有する。幼虫が植物に寄生して虫癭ちゆうえいを作る種が多い。スギタマバエなどの著名な害虫を含む。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

癭蠅 (タマバエ)

動物。タマバエ科の昆虫の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

癭蠅の関連キーワードスギタマバエ動物害虫内外

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android