発光星雲(読み)はっこうせいうん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

発光星雲
はっこうせいうん
emission nebula

銀河系内にある星間物質が、高温の恒星から放射される紫外線によって電離されて光って見える星雲。H領域あるいは電離水素領域ともいう。発光星雲は、可視光ではほとんど輝線のみから成る輝線スペクトルを示す。Hα(アルファ)線、Hβ(ベータ)線などの水素の再結合線、[O]、[N]など酸素や窒素の禁制線などが見られる。星間物質を電離させている星を励起星という。通常は表面温度が1万度よりも高い大質量の若いO型星かB型星が励起星である。このような若い星は、星生成領域や若い散開星団にある。有名な発光星雲であるオリオン大星雲(M42)の場合のように、発光星雲の見られる星生成領域では、反射星雲や暗黒星雲も見られることが多い。発光星雲からは電波と赤外線も放射される。電波は、電離ガスからの熱制動放射によるもので、赤外線はダスト(固体微粒子)の熱放射である。[岡村定矩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の発光星雲の言及

【散光星雲】より

…星雲のうちで,不規則な形で明るく輝いているものをいう。その中にはガスが高温度星の紫外光をうけて電離し発光している輝線星雲(発光星雲ともいう)や,星間微粒子が星の光を反射して輝く反射星雲などがある。超新星の爆発で飛び散ったガスの雲をふくめることもある。…

【星雲】より

…その見え方で次の3種類に分けられた。第1は星間ガスが電離して輝線を発するもので輝線星雲といい,またみずから光を発するので発光星雲,あるいは星間空間の気体であるからガス状星雲ともいう。第2は星間固体微粒子が近傍の恒星の光を反射散乱して輝いているもので反射星雲という。…

※「発光星雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android