コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発声機構(読み)はっせいきこう(英語表記)mechanism of phonation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発声機構
はっせいきこう
mechanism of phonation

肺にためられた空気が閉じた声門を左右に押し広げて声帯を振動させ,喉頭原音または帯音が生じる。喉頭原音は咽頭,口腔,鼻腔などで共鳴して修飾され,各人により音質の異なる語音が形成される。声の高低強弱は,声帯の振動部分の幅,長さ,緊張度と呼気圧の大小によって調節される。そのほか,関係各器官と筋肉の働きを統制する中枢神経系の役割が重要である。また,喉頭などに分布する求心神経や,聴覚器からの情報によるフィードバック回路も大きな役割を果している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android