コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発声機構 はっせいきこうmechanism of phonation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発声機構
はっせいきこう
mechanism of phonation

肺にためられた空気が閉じた声門を左右に押し広げて声帯を振動させ,喉頭原音または帯音が生じる。喉頭原音は咽頭,口腔,鼻腔などで共鳴して修飾され,各人により音質の異なる語音が形成される。声の高低強弱は,声帯の振動部分の幅,長さ,緊張度と呼気圧の大小によって調節される。そのほか,関係各器官と筋肉の働きを統制する中枢神経系の役割が重要である。また,喉頭などに分布する求心神経や,聴覚器からの情報によるフィードバック回路も大きな役割を果している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

発声機構の関連キーワード自然人類学颯田琴次

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android