コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聴覚器 ちょうかくき auditory organ

2件 の用語解説(聴覚器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聴覚器
ちょうかくき
auditory organ

音を聞くための器官で,音を伝達する外耳,中耳,および音を受容する内耳から成る。内耳には平衡器も含まれている。外耳道の奥には鼓膜があり,その中耳側にツチ骨の柄が付着している。音はツチ骨,キヌタ骨,およびアブミ骨の3つの耳小骨を経て,前庭窓から内耳の外リンパに伝わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちょうかくき【聴覚器】

音の刺激を受ける感覚器官。昆虫類の聴毛・鼓膜器・弦音器や脊椎動物の耳など。聴器。聴官。音受容器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の聴覚器の言及

【外耳】より

…したがって魚類では,耳は主として平衡器官であって,外耳や中耳は存在しない。聴覚器としての耳は両生類以上の動物が備えるが,両生類では鼓膜は体表の皮膚と同じ面に張っているので,外耳は形成されない。爬虫類のうちワニ類と一部のトカゲ類では鼓膜が多少とも落ちこんだ位置にあるため,外耳といえる部分がある(ヘビ類では耳が退化し,鼓膜も外耳もない)。…

※「聴覚器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

聴覚器の関連キーワード情報伝達機能イヤホン防振ゴム毒鼓耳を聞く耳を澄ます伝音難聴サイレントタイム春、かっこうの初音を聞きて信号伝達

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

聴覚器の関連情報