コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特許制度

1件 の用語解説(特許制度の意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

特許制度

特許制度」とは、産業上明らかに新規性があり、有用と考えられる発明を保護するための制度。日本では、発明者は特許庁へ出願を行い、その後の審査で特許権を取得した場合、最長20年間に渡りその発明を独占的に実施する事ができる。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特許制度の関連キーワード公知村上明司産業上の利用可能性出願人新規性新規性喪失の例外特許法上の発明発明者不特許事由30条適用

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

特許制度の関連情報