コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生炉用炭 はっせいろようたんproducer coal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発生炉用炭
はっせいろようたん
producer coal

発生炉ガスの原料となる石炭。発生炉は,一般に石炭,コークスを空気と水蒸気とでガス化する。一酸化炭素窒素などを主成分とする,おもに燃料用ガスを製造する効率のよいガス化には,揮発分が高く非粘結性であることが望ましく,中塊炭粉炭を含まないこと,灰分が少いこと,灰の融点が高いこと (1300℃以上ならよりよい) などが要求される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

発生炉用炭の関連キーワード発生炉ガス

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android