コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登石健三 といし けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

登石健三 といし-けんぞう

1913- 昭和-平成時代の物理学者。
大正2年9月5日生まれ。理化学研究所勤務をへて,昭和27年東京国立文化財研究所にはいり,保存科学部長などをつとめる。放射線による文化財調査で知られ,鎌倉大仏や中尊寺金色堂の修理にあたった。文化財虫害研究所理事長。広島県出身。大阪帝大卒。著作に「古美術品材料の科学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

登石健三の関連キーワード物理学者