コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登石健三 といし けんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

登石健三 といし-けんぞう

1913- 昭和-平成時代の物理学者。
大正2年9月5日生まれ。理化学研究所勤務をへて,昭和27年東京国立文化財研究所にはいり,保存科学部長などをつとめる。放射線による文化財調査で知られ,鎌倉大仏や中尊寺金色堂の修理にあたった。文化財虫害研究所理事長。広島県出身。大阪帝大卒。著作に「古美術品材料の科学」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

登石健三の関連キーワード物理学者

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android