中尊寺金色堂(読み)ちゅうそんじこんじきどう

旺文社日本史事典 三訂版の解説

中尊寺金色堂
ちゅうそんじこんじきどう

岩手県中尊寺にある阿弥陀堂
光堂ともいう。藤原清衡がみずからの葬堂として1124年建立,阿弥陀三尊安置。方三間方形 (ほうぎよう) で,黒漆塗りの上に金箔 (きんぱく) を押したので,この名がある。堂内には藤原清衡・基衡・秀衡3代の遺体を安置し,藤原時代工芸の粋を集めている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報