コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還元糖 カンゲントウ

4件 の用語解説(還元糖の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんげん‐とう〔クワンゲンタウ〕【還元糖】

分子内に遊離性のアルデヒド基ケトン基をもち、還元性を示す糖類。ぶどう糖・果糖・麦芽糖など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

還元糖

 物質を還元する力のある糖.分子内のアルデヒド基やケトン基が還元性を示すが,ショ糖のように反応する原子団がグリコシド結合することによって還元性を示さなくなるものもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かんげんとう【還元糖】

フェーリング液を還元するなどの還元性を示す糖類の総称。グルコース(ブドウ糖)などの単糖類や、二糖類であるマルトース(麦芽糖)などは還元糖であるが、二糖類のうちでもスクロース(ショ糖)などは還元糖ではない。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

還元糖
かんげんとう

分子中にアルデヒド基(-CHO)、あるいはケトン基(-CO-)をもち、還元性のある糖のこと。ブドウ糖、果糖、麦芽糖などが代表的。還元糖はアミノ酸化学反応をおこしやすい。とくに、加熱によるアミノカルボニル反応によって褐色物質のメラノイジンをつくる。また、食品の褐変(かっぺん)の原因となりやすい。たとえば、梅酒にブドウ糖などの還元糖を含む上白糖や蜂蜜(はちみつ)を使用すると、短期間に褐変する。砂糖は非還元糖であるが、酸とともに加熱するとブドウ糖、果糖に分解するため、還元性が生ずる。[河野友美・山口米子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

還元糖の関連キーワード酸化還元滴定水素化ホウ素ナトリウムベルトラン法雄鎮アルドースレダクターゼ還元酵素還元性漂白剤グルタチオンレダクターゼ硝酸レダクターゼトランス酸

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

還元糖の関連情報